入会の案内

「健康で元気に成長してほしい。でも、“おちつき”や、“集中力”,“礼儀”も身につけさせたい。」と思う親心。
「強くなりたい。」と願う自らの気持ち。
人それぞれ思いは違いますが、個人の思いや願いを大切に、仲間と共に、当道場では、年齢、レベルに合わせて楽しく、時には厳しく指導します。
まずは、お電話にて、ご連絡ください。見学、無料体験などご案内致します。

練習形態について

当道場は、全日本空手道連盟和道会に所属し、4大流派である和道流の空手を行います。
基本・形・組手・トレーニングを中心に安全安心な形態をとっています。
組手は、公益財団法人全日本空手道連盟 空手競技規定に定める形式で行い、さらに安全具を装着して行うため安全です。
「継続は力なり」「経験は自信なり」がモットーです。
伝統武道で体力向上はもちろん、礼儀,マナー,集中力,忍耐力が自然に身に付き、思いやりの心も養われます。

空手を通して得られるもの
@ 和を尊ぶこと
仲間を大切にすること。

A 礼儀を正しくすること
正しい、マナーを身につけること。

B 不屈の精神を養うこと
何事にも負けない精神力を身につけること。

C 健康な体をつくること
運動不足を解消すること。

D 暴力を戒(いまし)めること
力を過信してはいけないこと。

稽古内容(例)

練習のほんの一例です。状況、レベルに応じ様々な練習を行います。
ランニング まずは準備体操。ランニングから体をほぐしケガを防止します。
ウォームアップ 念入りに準備体操し柔らかい柔軟な身体つくりを行います。
基本稽古 その場で突き、蹴りと言った空手に必要な技を学びます。
形稽古 仮想の相手を想定し技の攻防を練習する形稽古を行います。組手につながる重要な練習です。
組手稽古 実際に相手と対峙し突き、蹴り、受けなどの攻防を行います。安全具を付けるため安全に練習を行うことが出来ます。
クールダウン 最後に整理体操を行い、疲れた体をほぐします。次の練習にも影響のないように念入りに体操を行います。

SITE MENU

無料体験

■連絡先
支部長 平松 茂樹
〒710-0051 倉敷市幸町1-22
090-3634-1811(岡山副道場長 藤村哲也)